ニキビの痕を完全に消すことは出来るの?

ニキビの痕を完全に消すことは出来るの?

ニキビが治ったと思っても痕が残ってしまったという状態の人はけっこう多いのではないかとおもいます。

 

その原因は潰してしまったり、治したニキビが既にかなり放置された状態で重症化していたなど様々なことが考えられます。

 

そして、その痕も赤いもの、黒っぽいもの、穴になって陥没した物など実に様々な種類があります。

 

傾向としては、色黒、炎症が強かった人、治るのに時間がかなりかかってしまった人は痕が特に残りやすいと考えられています。
ニキビの痕を完全に消すことは出来るのでしょうか?

 

化粧品などでニキビの痕が消せるということを謳っている商品も非常に多く存在しています。
勿論、効果はある程度期待できる物もあると考えられます。

 

ただ、今回は医学的な方向性でアプローチしてみました。

 

医学的にはニキビの痕は赤みに関しては時間はかかってしまうものの徐々に薄くなってきて気づけば大分目立たなくなってしまうことが多いと考えられています。
ニキビの痕の種類の中でも特に重症で目立ってしまう穴になった状態で陥没してしまったときにはレーザーや高周波、針などを利用した治療を行うことが多いです。

 

これは、皮膚に刺激を与えることによって皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が活性化するようにしていき、肌がどんどん新しい物になっていくようにしていくことによって皮膚のニキビの痕が目立たなくなっていくようにしていくことを期待して行う治療となっています。

 

こういった治療によってニキビ痕は本当に改善するのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、改善に成功したという報告はかなり多く上がっています。

 

しかし、現状ではまだまだニキビにレーザー治療を行うことに関しては確定性が無くガイドラインでは推奨はされていません。
といったことから医学的的にはニキビの痕を正確に治せるといった治療は定められていません。

 

まだまだニキビの痕を完全に消すのはとても難しいのです。
ですから、まずはニキビの痕が出来ることの無いように早めに治療するということが1番大切なのです。