ニキビが出来にくい肌にする為には植物性の食品を食べるようにする事

ニキビが出来にくい肌にする為には植物性の食品を食べるようにする事

ニキビが出来にくい肌にする為には、日頃から植物性の食品を食べるようにすると良いです。植物性の食品とは、フルーツや野菜や海藻や玄米や蕎麦などの穀物や、大豆や黒豆や小豆などの豆類やクルミやアーモンドやマカダミアナッツやカシューナッツなどのナッツ類、ウドやヨモギやタラの芽やふきなどの旬の野菜などです。

 

 

動物性食品を控えてこういった植物性の食品を食べるようにしていると、ニキビが出来にくい肌にすることが出来ます。主食を玄米ご飯や玄米に大豆や黒豆や小豆などを混ぜた豆ご飯や蕎麦粉100%で出来ている十割蕎麦、それからお豆腐やおからや豆乳や大豆をそのまま煮た大豆のおかずや野菜のサラダや温野菜、昆布の煮物やもずく酢やところてんやわかめの酢の物などの海藻のおかず、そしてウドの酢味噌和えやヨモギの天ぷらやタラの芽の天ぷらやふきの煮物など、こういった植物性の食品を使った料理を食べるようにすると良いです。

 

 

そして甘いものが食べたくなった時は、ケーキやクッキーやおまんじゅうやお餅などの白砂糖や三温糖や黒砂糖などの精製された甘味料で甘みが付けられているお菓子は絶対に食べないようにします。代わりに生のフルーツを食べたり人参やさつまいもや南瓜などの甘みの強い野菜を食べるようにすると良いです。

 

 

そして油っぽいものが食べたくなった時は、サラダ油やオリーブ油などを使った焼き物や揚げ物や脂身の多いお肉やお魚、それからショートニングやマーガリンなどの最も体に良くない油が含まれているスナック菓子やケーキやクッキーなどのお菓子は絶対に食べないようにします。代わりに、クルミやアーモンドやマカダミアナッツやカシューナッツなどのナッツ類を食べるようにすると良いです。肌にニキビが出来てしまう原因は、酸化した油を沢山含んでいる揚げ物やお菓子やお肉などの食品を食べたり、白砂糖や三温糖や黒砂糖などの精製された甘味料で甘みが付けられているお菓子を食べることです。

 

 

こういった食品を日頃からよく食べていると、肌にニキビが出来やすくなってしまうので、極力こういった食品を避けながら食事をした方が良いです。

 

 

そしてニキビに効果があると言われているようなサプリメントなども、色々な添加物が含まれていてあまり体に良い成分が含まれていないものが多いので、そういったサプリメント類も飲まないほうが良いです。毎日動物性の食品を控えて植物性の食品を食べるようにするだけで、肌質が変るので是非試してみて欲しいです。