美白効果がある成分、効果の詳細と安全性について

美白効果がある成分、効果の詳細と安全性について

 

美白効果がある成分、効果の詳細と安全性についてまとめています。

 

美白効果がある成分として真っ先に挙がるのがハイドロキノンです。
この成分はビタミンCの100倍以上もの美白効果があると言われています。シミを予防するだけではなく既に出来てしまったシミやニキビ跡にも効果が期待できます。

 

ただハイドロキノンは高濃度のモノは膚科で処方されていて効果が強い分間違った使用法をすれば副作用などの心配があるので医師の指示にしたがって使うことが重要です。また長期的に使用することはお勧めできません。

 

またハイドロキノン自体は肌への浸透率が低いので単体で使用しても美白効果は期待できず、肌への浸透率を高める為にピーリング効果、ターンオーバーを促すトレチノインを併用するのが一般的な使用方法と言えます。

 

アルブチン

 

αアルブチン、βアルブチンという2種類が存在し、普段よく使用されているのがβアルブチンです。ちなみにαアルブチンはロキノン、ブドウ糖をα結合したモノを指し、肌に馴染みやすいのでβアルブチンの10倍もの美白効果があると言えます。アルブチンは塗ってすぐに効果がある訳ではありませんがシミへの効果は認められてます。アルブチンは安全性の高い成分で配合の際に規制はありません。

 

ビタミンC誘導体

 

美白効果があるビタミンCを安定させて肌に浸透しやすいようにした成分がビタミンC誘導体です。ビタミンCは野菜や果物などに多く含まれる栄養素なのでとても安全な成分ということが出来ます。そんなビタミンC誘導体は活動範囲は広くて肌の表面部分だけではなく真皮にも効果が期待でき肌のターンオーバーを促してくれます。そしてターンオーバーを早めることで肌に蓄積される前にメラニンを排出することが出来るので美白肌を目指せます。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸の働きはメラニンを生成する細胞であるメラノサイトを活発にするプラスミンの働き阻害することです。要するにシミが出来る初期の段階でシミが作られるのを抑制してくれるのでシミがないキレイな肌になることが出来ます。この成分は比較的副作用が少ないと言えますが内服薬の場合は食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気、発疹といった症状が出る場合があります。近年外用薬の成分としても使用されていてそちらの方が安全性は高いと言えますが、効果としては内服薬の方が高いのが現状です。